セクシーな若妻風俗嬢

暇つぶしではないんですけどね

暇つぶしと言う訳じゃないんです。もっと真剣と言うか、自分なりに真剣に遊んでいるつもりではあるんですけど、退屈な時には風俗が頭をよぎるんですよね。これはきっと、ふとした時にでも楽しめるものだからなんじゃないかなって思うんですよ。もしもですけど、風俗がちゃんと予約をしておかないと楽しめないものだったらいくら暇で風俗のことが頭をよぎったとしても「でも遊べないしな」となるじゃないですか。でもそうじゃないんです。遊びたいって思ってから行動しても普通に楽しめるじゃないですか。これだけ太っ腹なサービスは風俗だけなんじゃないですかね(笑)だからありがたい気持ちもありますので、つい暇で退屈な時には風俗が頭をよぎるんですよ(笑)優先順位が低い訳じゃないんですけど、でも遊びたいなって時だけじゃなく、暇な時に出も遊べるというその融通の良さこそ、実は何よりの風俗の魅力でもあるんじゃないのかなって思うようになってきましたね。

彼女のおかげ。断言してよい展開でした

あの楽しい時間はすべて相手の風俗嬢であるRちゃんのおかげです。彼女を指名した理由は美形だからと言うものでした。ありきたりかもしれませんけど、ホームページを見て美人がいるって思ったら遊んでみたいなと思うのは男として正常だと思うんですよね。むしろそれが当たり前というか、自分なりにいろんなことを考えた結果のことですけど、彼女は美人なのは間違いないんですけど、それ以上に何気にとっても気配りの出来る風俗嬢だったんです。それがあまり器用ではないというか、彼女的には気を使いたいものの、言葉にするとちょっときつくなってしまう部分もあったんだろうな。でも彼女のそんな気持ちが自分自身、痛いほど分かりましたので彼女との時間はとっても楽しい時間を満喫することが出来たんじゃないのかなって思っていますし、実際の所あれだけの時間を満喫することが出来たというだけでも、彼女のポテンシャルの高さを表しているんじゃないのかなって。