セクシーな若妻風俗嬢

ギャップは大歓迎だなって思いました

女の子のギャップは男にとって歓迎すべきものですが、風俗でもそういったギャップはなかなか面白いものなんだなってことに気付かされました。なぜなら、ギャップがあるということは、それまでの自分の予想外の展開が待っているってことでもあるんですよね。ギャップって「思っていたのと違う」を意味している訳じゃないですか。何をイメージするのかって、言わばこちらの勝手なものじゃないですか(笑)だからそれはそれで別にいいと思うんですけど、実際に会ってみると全然違う。それもまた、ある意味では自分が予期していないだけになかなか面白いものになるんじゃないのかなって思いますけどね。だからこそ、風俗で遊ぶ時には自分でもある程度イメージを付けるようにしています。その方がイメージ通りならそれはそれで普通に楽しいですけど、思わぬギャップに驚かされるってこともあるじゃないですか。それもまた、なかなか面白い展開になりますのでいいんですよね。

若干、体力も…

やっぱり体力はどうしても消耗していくものじゃないですか。そうすると風俗での楽しみ方もどうしても変わってきてしまうものなんですよね。むかしは、それこそ勢いに任せて体力の限界まで挑戦していましたので、風俗嬢の気持ちなんてあまり考えられませんでした。お客だからという意思気じゃなく、とにかく快感だけを求めていたんですよ(笑)ある意味純粋ですけど、でも年齢と共に勢いだけじゃなく、どうしてもいろいろと違う方向性を模索しなければならないことも出てくるものじゃないですか。そうすると、じゃあ何を楽しむべきなのかってなるんですけど、それがやっぱり風俗嬢のキャラクターってことになるんですよね。昔は90分ならとにかく限界まで、3発か4発くらいは抜かない時が済まないって思っていましたけど、今では1発で良い代わりに、「最高の一発」をと考えるようになったんですよね(笑)こういった気持ちの変化に対応出来るのも風俗の懐の広さですね。