セクシーな若妻風俗嬢

慣れてなさそうな所が良かったのかな

風俗嬢もいろんな子がいることくらいは説明するまでもないとは思いますけど、この前遊んだWちゃんは結構特別というか、珍しいタイプの風俗嬢でしたね。あんまり風俗の仕事に慣れていないのか、かなりの恥ずかしがり屋で、さらには貶している訳じゃないんですけど素人のような雰囲気というか(笑)喘ぎ声とかもリアルなんですよ。楽しませようとする声じゃなく、明らかに自分が感じている声なんです。動きもそうですよね。喘ぎ声と共に腰をひねったり、体を動かしたり。風俗で働いていれば自然と快感だけじゃなく、男という存在そのものにも慣れていくと思うんですけど、彼女にはそういった気配があまりなかったんですよね。だからそれが良かったのかもしれません。風俗で遊んでいるのではなく、どこかでナンパした女の子と楽師んでいるかのような気持値を味和うことが出来増したけど、あの気持ちを味わうことが出来たのは実はとっても貴重なことだったんじゃないかなと。

女の子と楽しむのに気遣い無用

普通に女の子と楽しもうって思ったら、基本的には男が気を使う側じゃないですか(苦笑)デートというよりも、もはや接待なんじゃないのかって思うような時もありますけど、でも結局そこで女の子の気持ちをネガティブなものにさせてしまったらデートそのものが成り立たないので、男は我慢するしかありません。だから思ったんです。それなら努力して女の子相手に「接待」をするよりも、初めから風俗に行った方がよっぽど良いんじゃないのかなって。それに風俗だったらお金を払ったのに何もなく、まさに肩透かしを食らうって言うシチュエーションもそうそうない…というか、絶対にあり得ないことじゃないですか(笑)お金を払ったのに「今日は調子悪いんだよね」といって話して終わりなんて、風俗ではありえないんです。そう思ったらデートで無駄に頑張るくらいであれば初めから風俗に行っておいた方が良いんじゃないのかなって思うようになりましたし、実際そうしています。